ホーム » コース » 指導者養成

アウトワード・バウンド・アカデミー/       体験学習指導者のためのプログラム

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%ef%bc%92

~体験教育指導者ためのプログラム~ アウトワード・バウンド アカデミーシリーズ

「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」中国起源のことわざです。
子どもたちに体験を提供し、体験を通して自分がどうありたいのかを考える力を育む体験学習、冒険教育はこの言葉そのものです。 困難を目の前にした子どもたちに指導やアドバイスを与えることは、『魚を与える』ことに他なりません。その場の満腹感(うまくいった、盛り上がった)が得られたとしても、次に空腹感が襲ってきた時どうできるのでしょうか。 誰かが魚を与えてくれるのを待ち続けるのでしょうか。
私たちアウトワード・バウンドは、「体験から学ぶ」とは自らの力で解決策を見出す力をつけ、自分自身で「ありたい姿」を追求する力を育むことだと考えています。
アウトワード・バウンド・アカデミーは、自己の生き方に気づくこと、その学び方を学ぶ教育のあり方を提供します。

本アカデミーは、教員コースや指導者系コース参加の皆様から、「もっと学びたい」という希望の多かったカリキュラムを具体的にプログラム化して提供するものです。例えば、

①体験を学びや成長に繋げるためのファシリテーションを学びたい。
②実践で使える「ふりかえり」の運営やコミニュニケーションのスキルを習得したい。
③ねらいを持った体験学習のプログラムの作り方を学びたい。
④リアルな活動を安全に提供するために、現場でのリスク管理を学びたい。
⑤様々な活動をまずは自分が体験したい。その上で子どもたちにどう提供するか考えたい。
⑥指導者として、実際に安全で効果的な体験活動を提供できるまでスキルアップしたい。などなど・・・
多くのご希望を受けて、実際に教育の現場で使うための、
「理論」・「技術」・「自己」という体験学習の指導者に必要な3要素を整理して提供するものです。
また、開催地についても全国で実施しています。
アカデミー全科目の対象者は、教師や保育士、体験学習の指導者のような指導の現場にいる方から、
将来、教育者になりたい人、体験学習の指導者を目指す人たちなどです。
様々な方がいますが「人の成長を援助したいという思い」のある方が多く参加されています。
また、体験学習・冒険教育の最前線の情報と理論を公開しますので大変刺激になると思います。
今年度のアウトワード・バウンド・アカデミーは以下のラインナップです。(詳細はコース名をクリックください)

 

アウトワード・バウンドアカデミー 全科目

%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%87%e3%83%9f%e3%83%bc2016%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e8%a1%a8

◆申込の手順
お申込みフォームよりご希望のコースを選び、必要事項を入力の上送信してください。
先着順にて受け付けております。
申込後はコース開催1ケ月前頃までに参加要項等の書類をお送りいたします。書類の中には、安全にご参加いただくための情報として、記入後返送いただくものや、参加費の支払いに関する情報も記載しておりますので、書類が到着ののち、ご対応をお願いします。

 

▲このページの上部へ戻る

2013kyouin2

%e3%82%a2%e3%82%af%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%93%e3%83%86%e3%82%a3%ef%bc%92

冒険教育指導者育成 JALT2017 84日間 2017年4月27日(木)~7月19日(水)【募集中】

SONY DSC

コース名:JALT (ジャルト・Japan Adventure Leadership Training)

絶対に無理だと思っていたものを乗り越えた経験。
目標に向かって心底本気になれた経験。
仲間と対立したり、何もできない自分に自信を失ってしまう経験。
奥深い大自然に感動したり、静かに自分自身を振り返る経験。
心が揺さぶられるようなリアルな経験は、時に人を大きく成長させます。
そしてそれこそが、冒険教育プログラムの非常に大きな魅力であり力でもあります。
84 日間に渡るアウトワード・バウンドの冒険教育指導者育成プログラム「JALT」では、
そうした冒険教育プログラムの本質を体験し、
プログラムを安全かつ効果的に提供できる指導者を目指します。
具体的にはロッククライミング、沢登り、カヤック、登山遠征、救急法など、
ダイナミックな活動を提供するためのハードスキル、
人の気づきを促し成長をファシリテートしていくためのソフトスキル、
ただ安全を確保するためではなく、ねらいを持ったプログラムを提供する上でのリスクマネジメントなど、
様々な視点から知識・技術・経験を実践的に身につけていきます。
自分自身の可能性を広げるという意味でも、生涯にわたり活きる84日間となるはずです。

コース名  JALT (ジャルト・Japan Adventure Leadership Training)
日数 84日間
日程 2017年4月27日(木)~7月19日(水)
対象 18歳以上の健康な方
参加費 957,000円(消費税込)
*指導料、期間中の宿泊関連費、食材費(休養日の昼食を除く)、施設使用料、国内旅行保険料、コース中の移動交通費等が含まれています。
予定定員 10名
目的
①冒険教育指導者育成主なゴール①アウトワード・バウンドの冒険教育を体験し実感する。
②ハード系基礎技術習得(安全に効果的なプログラムを提供するための技術習得)
③ソフト系基礎技術習得(体験での気づきを成長につなげるための技術習得。冒険教育における効果的なアクティビティ・プログラムデザインについて学ぶ)
④指導者としての自己のあり方を明確にする。

プログラムの主な内容
・冒険教育プログラム(アウトワード・バウンドコース)の体験
・アウトワード・バウンド教育&野外・冒険・体験教育概論
・ソフトスキル(コミニュニケーションスキル)
・野外救急法(世界基準の救急資格認定/Wilderness Advanced First Aid)
・リスクマネジメント概論
・野外活動基礎技術
・コミニュニティーサービス(地域奉仕活動)
・ロッククライミング基礎技術
・沢登り基礎技術
・カヤック(流水を含む)&いかだ基礎技術
・登山基礎技術(無雪期の安全確保)
・ソフトスキル(アクティビティデザインとファシリテーションを学ぶ)
・総合エクスペディション(状況判断の視点、野外におけるリーダーの視点を学ぶ場)
・指導実習(小学生の参加者を公募してプログラムを実際に提供します)
・総合評価(指導実習の評価、JALT全体の自己評価)
*以上の内容を複数のセクションに分けて実施します。
*各セクションの合間には、プログラムを行わない「休養日」が約11日程度あります。

アウトワード・バウンド・スタッフへのインターンシップについて
JALT修了後から9月末までの約1ヶ月間、インターン希望者のうちOBJが認めたものは、インターンとして主催プログラム、受託プログラム、OBJ提携団体事業等にスタッフとして入ることができます。

持ち物について
防寒衣類、雨具(マウンテンジャケット上下)、登山靴、サングラス、水筒(ステンレス保温水筒)、ヘッドランプなどです。詳しくはコース開始2ヶ月前より送付する参加要項をご覧ください。
*コース中の活動で必要なほとんどの専門的な装備(テント・寝袋・調理用品、クライミング専門装備、沢登り専門装備、カヤック装備他)はOBJで用意します。

申込み方法 申し込みフォームよりお申し込み下さい。
申し込み後、JALT担当スタッフより直接ご連絡させていただきます。

申込締切 2017年4月7日
*先着順での受付になります。定員が少ないためお早目にお申込み下さい。不安がある方は説明会にご参加いただくか、アウトワード・バウンド長野校まで遠慮なくご連絡ください。
*SKYPE等の通信手段を使って「説明会」を行うことも可能です。

JALTob3t

toppage_2_960x300JALT2014supporteyecatch

指導者育成プログラム/プログラムデザイン・アクティビティデザイン入門2日間

%e3%82%a2%e3%82%af%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%93%e3%83%86%e3%82%a3

~野外活動/体験教育指導者育成プログラム~

「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」中国起源のことわざです。
子どもたちに体験を提供し、体験を通して自分がどうありたいのかを考える力を育む体験学習、冒険教育はこの言葉そのものです。 困難を目の前にした子どもたちに指導やアドバイスを与えることは、『魚を与える』ことに他なりません。その場の満腹感(うまくいった、盛り上がった)が得られたとしても、次に空腹感が襲ってきた時どうできるのでしょうか。 誰かが魚を与えてくれるのを待ち続けるのでしょうか。
私たちアウトワード・バウンドは、「体験から学ぶ」とは自らの力で解決策を見出す力をつけ、自分自身で「ありたい姿」を追求する力を育むことだと考えています。
アウトワード・バウンド・アカデミーは、自己の生き方に気づくこと、その学び方を学ぶ教育のあり方を提供します。

2016年度コース日程

■(東京)2017年 1月28日(土)~ 1月29日(日) 【本日程で東京開催のコースは募集を中止しました。】
■(関西)2017年2月25日(土)~2月26日(日)

 ■プログラムデザイン・アクティビティデザイン入門 2日間
  • 日程 2017年2月25日(土)~2月26日(日)
  • 対象 18歳以上
    ・学校の先生方で自然学校、課外活動、学級経営をよりよくしていきたいと思っておられる方
    ・体験を通して学ぶ、主体的に学ぶ、アクティブラーニングを実践していきたい先生方
    ・自然体験活動の指導者、指導補助員、ボランティアリーダーなど、子どもたちの体験を通した学びに関わっている方
    ・教員を志している大学生、これからボランティア等で子どもたちに関わっていきたいと思っている学生
  • 開催地 関西学院千刈キャンプ
    〒669-1507 兵庫県三田市香下1817-1 TEL079-563-5233 FAX079-563-5235
  • 集合・解散  同上
    *公共交通機関でお越しの方は、JR新三田駅
  • http://www.obs-japan.org/a-design/

  • 活動内容
    体験学習の学びの場をどのように組み立てていけば良いのか・・・?
    一つ一つの実習や活動の「ねらい」の持ち方は?ねらいに応じた「課題提示」の方法?
    活動中の子どもたちへの声かけ、距離感など「介入」はどうすればいいのか?
    活動の後の「ふりかえり」はどのように行えば良いのか・・・
    活動や実習を組み合わせて一日から数日の企画は、どのように考えていくのか・・・
    企画を考える、プログラムやアクティビティをデザインする中で迷ったり困ったりする事柄に実習や演習、講義を踏まえながら考えていきます。
  • 参加費 一般 15,000円 学生10,000円 指導料、資料代、保険料込み
    宿泊食事につきましては、別途希望を取らせていただきます。
    (1泊4食 7,000円程度を予定しています)
    夜は、21:00ごろの終了予定ですので近隣の方は通いも可能かと思います。
  • 共催 関西学院千刈キャンプ
  • 資料ダウンロード 参加要項一式[PDF318KB]

 

以下は上記コースの共通要項です。ご確認の上、お申し込みください。

◆定員 全て16名(最低催行人数5名)

◆申込期間
各期の5日前まで。受付は全て先着順です。

◆講師について

グラフィックス1

公益財団法人日本アウトワード・バウンド協会
事業部長(兼関西校ディレクター) 田中 裕幸
体験学習による教育の世界から、野外教育・冒険教育に体験学習法を導入した先駆的存在。
OBSから始まり、民間教育事業者として独立し学校教育、企業教育での野外体験学習の指導実績により、独立行政法人青少年教育振興機構 国立淡路青少年交流の家所長を務め昨年よりOBJに復帰。
学校教育における体験学習、アウトワードバンド教育の普及および事業部のマネジメントを担当。

◆申込後の手順
コース開催1ケ月前頃までに参加要項等の書類をお送りいたします。書類の中には、安全にご参加いただくための情報として、
記入後返送いただくものや、参加費の支払いに関する情報も記載しておりますので、書類が到着ののち、ご対応をお願いします。

◆申込み方法 お申込みフォームよりご希望のコースを選び、必要事項を入力の上送信してください。

 

◇アカデミーコース一覧
【東京開催】
・ファシリテーター入門2日間1/21-1/22
・プログラムデザイン・アクティビティデザイン入門2日間1/28-29
・ファシリテータートレーニング4日間3/17-20
【長野開催】
・リスクマネジメント2日間1/7-8
・雪上基礎技術5日間2/6-10
【関西開催】
・ファシリテーター入門2日間11/26-27,2/18-19
・プログラムデザイン・アクティビティデザイン入門2日間2/25-26
▲このページの上部へ戻る

指導者育成プログラム/ファシリテーター入門2日間

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%ef%bc%92

~野外活動/体験教育指導者育成プログラム~

「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」中国起源のことわざです。
子どもたちに体験を提供し、体験を通して自分がどうありたいのかを考える力を育む体験学習、冒険教育はこの言葉そのものです。 困難を目の前にした子どもたちに指導やアドバイスを与えることは、『魚を与える』ことに他なりません。その場の満腹感(うまくいった、盛り上がった)が得られたとしても、次に空腹感が襲ってきた時どうできるのでしょうか。 誰かが魚を与えてくれるのを待ち続けるのでしょうか。
私たちアウトワード・バウンドは、「体験から学ぶ」とは自らの力で解決策を見出す力をつけ、自分自身で「ありたい姿」を追求する力を育むことだと考えています。
アウトワード・バウンド・アカデミーは、自己の生き方に気づくこと、その学び方を学ぶ教育のあり方を提供します。

2016年度コース日程

■(東京)2017年1月21日(土)~1月22日(日)
■(関西)2017年2月18日(土)~2月19日(日)/※来年度へ延期となりました。
 

 
 
■ ファシリテーター入門 2日間

  • 日程 2017年1月21日(土)~1月22日(日)
  • 対象 18歳以上
    ・学校の先生方で自然学校、課外活動、学級経営をよりよくしていきたいと思っておられる方
    ・体験を通して学ぶ、主体的に学ぶ、アクティブラーニングを実践していきたい先生方
    ・自然体験活動の指導者、指導補助員、ボランティアリーダーなど、子どもたちの体験を通した学びに関わっている方
    ・教員を志している大学生、これからボランティア等で子どもたちに関わっていきたいと思っている学生
  • 開催地 東京スポーツ文化館(東京都江東区夢の島2−1−3)
  • 集合・解散  同上
  • 活動内容
    体験学習の指導者をファシリテーター(援助者)と呼びます。
    ファシリテーター入門では、ファシリテーターとして重要なグループ・個人のプロセス
    (関係の変化、気持ちの動きなど内面的な経過)を観察することを室内の実習や屋外の実習を使いながら体験していきます。
  • 参加費 15,000円(税込) 学生 10,000円(税込)
    指導料、資料代、保険料込み。
    宿泊場所は各自でご準備下さい。また、昼食は食堂で各自お召しがあがり頂きます。
  • 資料ダウンロード 参加要項一式[PDF:400KB]

▼申込みの期間・手順を確認する   ▲このページの上部へ戻る
 

 
 
■ファシリテーター入門 2日間

  • 日程 2017年2月18日(土)~2月19日(日)※来年度へ延期となりました。
  • 対象 18歳以上
    ・学校の先生方で自然学校、課外活動、学級経営をよりよくしていきたいと思っておられる方
    ・体験を通して学ぶ、主体的に学ぶ、アクティブラーニングを実践していきたい先生方
    ・自然体験活動の指導者、指導補助員、ボランティアリーダーなど、子どもたちの体験を通した学びに関わっている方
    ・教員を志している大学生、これからボランティア等で子どもたちに関わっていきたいと思っている学生
  • 開催地 関西学院千刈キャンプ
    〒669-1507 兵庫県三田市香下1817-1 TEL079-563-5233 FAX079-563-5235
  • 集合・解散  同上
    *公共交通機関でお越しの方は、JR新三田駅
  • 活動内容
    体験学習の指導者をファシリテーター(援助者)と呼びます。
    ファシリテーター入門では、ファシリテーターとして重要なグループ・個人のプロセス
    (関係の変化、気持ちの動きなど内面的な経過)を観察することを室内の実習や屋外の実習を使いながら体験していきます。
  • 参加費 一般 15,000円 学生10,000円 指導料、資料代、保険料込み
    宿泊食事につきましては、別途希望を取らせていただきます。
    (1泊4食 7,000円程度を予定しています)
    夜は、21:00ごろの終了予定ですので近隣の方は通いも可能かと思います。
  • 共催 関西学院千刈キャンプ

▼申込みの期間・手順を確認する   ▲このページの上部へ戻る

以下は上記全てのコースに共通する要項です。ご確認の上、お申し込みください。

◆定員 全て16名(最低催行人数5名)

◆申込期間
各コースの5日前まで。受付は全て先着順です。

◆講師について

グラフィックス1

公益財団法人日本アウトワード・バウンド協会
事業部長(兼関西校ディレクター) 田中 裕幸
体験学習による教育の世界から、野外教育・冒険教育に体験学習法を導入した先駆的存在。
OBSから始まり、民間教育事業者として独立し学校教育、企業教育での野外体験学習の指導実績により、独立行政法人青少年教育振興機構 国立淡路青少年交流の家所長を務め昨年よりOBJに復帰。
学校教育における体験学習、アウトワードバンド教育の普及および事業部のマネジメントを担当。

◆申込の手順
お申込みフォームよりご希望のコースを選び、必要事項を入力の上送信してください。
先着順にて受け付けております。
申込後はコース開催1ケ月前頃までに参加要項等の書類をお送りいたします。書類の中には、安全にご参加いただくための情報として、
記入後返送いただくものや、参加費の支払いに関する情報も記載しておりますので、書類が到着ののち、ご対応をお願いします。

◇アカデミーコース一覧
【東京開催】
・ファシリテーター入門2日間1/21-1/22
・プログラムデザイン・アクティビティデザイン入門2日間1/28-29
・ファシリテータートレーニング4日間3/17-20
【長野開催】
・リスクマネジメント2日間1/7-8
・雪上基礎技術5日間2/6-10
【関西開催】
・ファシリテーター入門2日間11/26-27,2/18-19
・プログラムデザイン・アクティビティデザイン入門2日間2/25-26
 
▲このページの上部へ戻る
 
 
 

【募集終了】雪上基礎技術トレーニング 5日間 2017年2月6日(月)〜2月10日(金)

DSCN0845夏のアウトドア活動や体験学習はかなり身近になりましたが、冬、特に積雪期の活動を使った体験学習は、まだまだハードルが高く踏み出せない方も多いようです。本コースは雪を使ったベース型のプログラムを安全に行うための基礎技術を学ぶためのトレーニングです。
雪の性質と特徴、そのリスクと対処法、スノーキャンプや雪洞づくり(雪が安定していればイグルーづくり)のノウハウを学びます。また、かんじきを履いて森に入り実践の中からその愉しさを感じるプログラムでもあります。これから雪の活動にチャレンジしたい方、体験プログラムを提供したい方はぜひともご参加ください。

◆期間  2017年2月6日(月)〜2月10日(金)【本プログラムはアウトワード・バウンドの都合により募集を終了しています】
◆参加費 一般65,000円 学生50,000円(税込)
*コース中の、宿泊食事費、装備費、指導料、保険料を含む
◆対象  18歳以上の健康な方
◆予定定員 10名(最少催行人員5名)
◆開催地 OBJ長野校周辺(長野県北安曇郡小谷村)
◆集合・解散 JR 大糸線平岩駅 12:25集合、13:40解散
◆コース概要(予定)
1日目:オリエンテーション、厳冬期の服装・持ち物について、
かんじき・スノーシュー使ったラッセル歩行技術、
雪のリスクの予防と対処(低体温症・雪崩・滑落・凍傷・ 雪目等)
2・3日目:1泊2日*でスノートレッキング&スノーキャンプ
雪の中でのルートファインディング、マップリーディング、
スノーキャンプ技術、雪洞づくり、調理技術
*天候・条件が揃えば2泊3日の実習にすることもあります。
4・5目目:天候予測と具体的判断、アウトドアでのリスクマネジメントとリーダーシップについて
※天候や参加者の状況により、活動は変更・一部中止になる場合があります。

◆持ち物 防寒衣類、雨具(マウンテンジャケット上下)、スノーブーツ、サングラス、水筒(ステンレス保温水筒)、ヘッドランプなど。
詳しくはコース開始1ヶ月前より送付する参加要項をご覧ください。
*コース中の活動で必要なほとんどの専門的な装備(テント・寝袋・調理用品、シャベル他)はOBJで用意します。

◆申込締切 2017年1月23日(月)【本プログラムは募集を終了しています】
*先着順での受付になります。また、締切日以降に参加申込をご希望の場合はOBJ長野校までお電話ください。

◆申込み方法

下記のフォームに入力後、一番下にある「申し込む」ボタンをクリックして下さい。申し込みが完了しますとお客様にお申し込み内容ご確認のメールが自動送信されます。

■お申し込みコース(必須)

■お客様情報の入力

お名前(必須)

フリガナ(全角カタカナ、必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(携帯または固定電話・半角・ハイフン必要、必須)

性別(必須)
男性女性

生年月日(必須)

ご住所(必須)
郵便番号
都道府県
市区町村
地名・番地・建物名等

ご職業

連絡事項があればご記入ください

上記のお申し込み者が未成年の場合、下記の項目にご入力ください。
保護者氏名
お申し込み者との続柄
保護者電話番号
保護者の同意確認 お申し込み者の参加に同意します。
(※お申し込み者が成年の場合、上記のチェックボックスにチェックを入れたままにしておいてください。)

■アンケート

あなたは何によってアウトワード・バウンドを知りましたか?最も当てはまるものを一つ選択し、具体的な内容もご記入下さい。(必須)
知人・友人から紹介された。(次の欄に知人・友人のお名前をご入力ください))インターネット検索で見つけた。モンベルでパンフレットを入手した。好日山荘でパンフレットを入手した。Wild-1でパンフレットを入手した。モンベル、好日山荘、Wild-1以外に置いてあるパンフレットを入手した。(次の欄に場所をご入力ください)ポスターを見た(次の欄に場所をご入力ください)。その他(次の欄に知ったきっかけをご入力ください)
知人・友人のお名前、または、パンフレットを入手した場所、ポスターをご覧になった場所、その他のアウトワード・バウンドを知ったきっかけをご入力ください。

※お申込み完了と同時にキャンセル料が発生する場合があります(コース開始日より30日以内の場合)
下記の規約をよくお読みになったうえでお進みください。

上記の公開コース申し込み規約に同意します。

※確認画面は表示されません。今一度入力内容をご確認の上、[申し込む]ボタンを押して下さい。


指導者育成プログラム/リスクマネジメント入門2日間 2017年1月7日(土)~1月8日(日)【募集終了しました】

~野外活動/体験教育指導者育成プログラム~

「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」中国起源のことわざです。
子どもたちに体験を提供し、体験を通して自分がどうありたいのかを考える力を育む体験学習、冒険教育はこの言葉そのものです。 困難を目の前にした子どもたちに指導やアドバイスを与えることは、『魚を与える』ことに他なりません。その場の満腹感(うまくいった、盛り上がった)が得られたとしても、次に空腹感が襲ってきた時どうできるのでしょうか。 誰かが魚を与えてくれるのを待ち続けるのでしょうか。
私たちアウトワード・バウンドは、「体験から学ぶ」とは自らの力で解決策を見出す力をつけ、自分自身で「ありたい姿」を追求する力を育むことだと考えています。
アウトワード・バウンド・アカデミーは、自己の生き方に気づくこと、その学び方を学ぶ教育のあり方を提供します。

■ 野外体験活動 リスクマネジメント入門 2日間  
  ~リスクがあるから感動し気づきが生まれ学びが深まる。リスクをどう見つけ管理するのか~

  • 日程
    2017年1月7日(土)~1月8日(日)/募集を終了しました。
  • 定員
    16名
  • 開催地
    OBJ長野校(長野県北安曇郡小谷村北小谷10650)
  • 集合・解散
    同上 ※公共交通機関をご利用の方はJR大糸線 平岩駅
    *スタート時間は1日目の午後、終了時間は2日目の17時を予定しています。ご希望の方は後泊が可能です。
  • 活動内容
    野外活動や自然体験活動にはリスクがつきものです。そのリスクをすべて排除すればその活動の素材の味はかき消されます。ワクワク・ドキドキした感覚もやりきった感動も、仲間と力を合わせることの喜びも、できるかどうかわからないリスクある環境だからこそ生まれます。
    リスクを確実に見つけ、適切に評価し対処することができれば、安全でかつ効果的な活動提供が可能です。その考え方を学び、スキルを身に付けるための講習です。実際に相互に実習を繰り返しながら、リスクマネジメントの基礎について知り、実際の方法論を学ぶ2日間です。
  • 対象者 16歳以上の健康な方
    ・学校の先生方で自然学校、課外活動をよりよく、かつ安全に提供していきたいと思っておられる方
    ・体験を通して学ぶ、主体的に学ぶ、アクティブラーニングを実践していきたい方
    ・自然保育を実践している方、学んでいる方
    ・自然体験活動の指導者、指導補助員、ボランティアリーダーなど、子どもたちの体験を通した学びに関わっている方
    ・教員や保育者を志している学生、これからボランティア等で子どもたちに関わっていきたいと思っている学生・高校生
    ・野外活動を専門にしている方で、安全に提供する視点を学びたい方
  • 参加費 23,500円(税込) 学生 18,500円(税込)
    指導料、宿泊食事代、資料代、保険料込み。

◆申込期間
コース開催日の5日前まで。受付は全て先着順です。

◆申込後の手順
コース開催1ケ月前頃までに参加要項等の書類をお送りいたします。書類の中には、安全にご参加いただくための情報として、
記入後返送いただくものや、参加費の支払いに関する情報も記載しておりますので、書類が到着ののち、ご対応をお願いします。

◆申込み方法 募集を終了しました。お申込みフォームよりご希望のコースを選び、必要事項を入力の上送信してください。

%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%af-2

◇アカデミーコース一覧
【東京開催】
・ファシリテーター入門2日間1/21-1/22
・プログラムデザイン・アクティビティデザイン入門2日間1/28-29
・ファシリテータートレーニング4日間3/17-20
【長野開催】
・リスクマネジメント2日間1/7-8
・雪上基礎技術5日間2/6-10
【関西開催】
・ファシリテーター入門2日間11/26-27,2/18-19
・プログラムデザイン・アクティビティデザイン入門2日間2/25-26
▲このページの上部へ戻る