ホーム » コース » 指導者養成

アウトワード・バウンド・アカデミー/体験教育・野外教育・冒険教育指導者養成コース

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%ef%bc%92

~体験教育・野外教育・冒険教育指導者ためのプログラム~

アウトワード・バウンド アカデミーシリーズ

世界の冒険教育の原点であるOUTWARD BOUND(アウトワード・バウンド)、日本においては1989年 長野県で始まった青少年育成の冒険教育期間です。 冒険教育指導者養成としては、約90日間におよぶJALT(J apan Adventure Leadership Training)を実施してまいりました。そこで構築してきた指導法をより多くの方に、より参加しやすい形で開催してまいります。体験を通して学ぶとは、青少年育成の在り方、野外教育・冒険教育とは・・・その指導法、企画づくりのノウハウをOUTWARD BOUND ACADEMY(指導者養成コース)として提供してまいります。

 今年度10月以降のアウトワード・バウンド・アカデミーは、以下のラインナップです。
◇アカデミーコース一覧 
※以下、全アカデミーコース共通項目
【対象者】18歳(大学生)以上
※ボランティアリーダー、キャンプリーダー、青少年育成団体の指導者、教師、保育士の方、
※体験学習を通した学びの場にいる指導者、将来、教育者になりたい人、体験学習の指導者を目指す人、
※上記に限らず「人の成長を援助したいという思い」のある方ならどなたでもご参加ください。

【会 場】各回の会場については、ホームページに掲載していきます。

【時 間】2日間通い研修  日々/10:00~18:00
合宿研修 初日集合/10:00   最終日解散/15:00

【指導法に関わる養成コース】

■体験学習入門2日間

・2017年10月21日(土)〜10月22日(日) 兵庫県神戸市 通い2日間 参加費/15,000円
・2018年  2月10日(土)〜  2月 11日(日) 神奈川県        通い2日間 参加費/15,000円
   科 目         内       容
   実 技   体験学習プログラムの受講体験(屋外、室内)の様々な活動・実習を体験します。
   講 義 「体験学習」学びの構造の理解

■ファシリテーター入門2日間

・2017年11月11日(土)〜11月12日(日) 兵庫県神戸市     通い2日間 参加費/15,000円
・2018年  3月17日(土)〜  3月 18日(日) 神奈川県      通い2日間 参加費/15,000円

  科 目         内    容
  実    技  野外体験学習プログラム体験と体験中のグループの観察 (どちらも体験しなが指導者視点を養います)
  講 義 ・プロセスとコンテント
・「野外体験学習」学びの構造に沿った指導
・ふりかえりの進め方

■指導者としてのコミュニケーション入門2日間

・2017年11月 25日(土)〜11月 26日(日) 兵庫県神戸市  通い2日間 参加費/15,000円
・2018年  1月 27日(土)〜   1月28日 (日)   神奈川県    通い2日間 参加費/15,000円

   科 目          内    容
   実 技  伝える、聴く、観察する、関わると言った指導者コミュニケーションを体験的に学びます
   講 義 ・コミュニケーションの構造
・コミュニケーションの場づくり
・状況対応のコミュニケーション

■体験学習指導者(ファシリテーター)トレーニング4日間

2018年2月15日(木)〜2月18日(日) 兵庫県神戸市  参加費:60,000円(指導・宿泊食事含む)
  科    目          内      容
  実 技  指導者の立場(ファシリテーター)として実習運営体験(インストラクション、活動観察、ふりかえりの運営)
  講 義 ・指導者としての学びの場づくり
・活動観察とは
・ふりかえりの持ち方

【企画立案に関わる養成コース】

 企画立案に関わる養成コースでは、企画づくりのステップに応じた講義の後、実際に企画づくりを行う 「演習」を中心に進めてまいります。

■企画づくり入門2日間

・2017年11月18日(土)〜11月19日(日)  兵庫県神戸市  通い2日間 参加費/15,000円
・2018年  2月24日(土)〜  2月25日(日)        神奈川県横浜市 通い2日間 参加費/15,000円
  科  目           内    容
  講  義    企画づくりの全体像
  演  習 ・Starting point:企画の出発点を確認しておく
・Targetresearch:対象者の調査、対象者を理解し認識を整理する
・Mind:企画者の想いを整理する
・Conceptualize:企画者の想いや対象者の現状分析から目的を明確にする
・Processdesign :目的到達に必要な学びの場は、どのようなものか
・Process & Tool :学びの場を生み出す道具を検討する
・Outcome:何を成果と考えるのかを明確にする「体験学習」学びの構造の理解

【自然活動を安全に効果的に提供する養成コース】

■雪上基礎入門3日間

2018年1月26日(金)〜1月28日(日) OBJ長野校/長野県小谷村大網)
参加費:40,000円(指導・宿泊食事・装備レンタル・保険料含む)

  科     目         内    容
  実  技  雪上での体験学習プログラムの受講体験(スノーキャンプ、スノーハイク、雪上活動など)の様々な実習を体験します。
  講義・演習  雪上活動の教育的意義について
安全のための技術とリスクマネジメントの視点
◆申込の手順
お申込みフォームよりご希望のコースを選び、必要事項を入力の上送信してください。
先着順にて受け付けております。
申込後はコース開催1ケ月前頃に参加要項等の書類をお送りいたします。書類の中には、安全にご参加いただくための情報として、記入後返送いただくものや、参加費の支払いに関する情報も記載しておりますので、書類が到着ののち、ご対応をお願いします。▲このページの上部へ戻る
アウトワード・バウンドアカデミー 全科目
2013kyouin2%e3%82%a2%e3%82%af%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%93%e3%83%86%e3%82%a3%ef%bc%92

冒険教育指導者育成 JALT2017 84日間 2017年4月27日(木)~7月19日(水)

今年度の本コースは終了しました。来年度の募集開始は11月を予定しています。ご希望の方は資料請求フォームからご連絡ください。
SONY DSC

コース名:JALT (ジャルト・Japan Adventure Leadership Training)

絶対に無理だと思っていたものを乗り越えた経験。
目標に向かって心底本気になれた経験。
仲間と対立したり、何もできない自分に自信を失ってしまう経験。
奥深い大自然に感動したり、静かに自分自身を振り返る経験。
心が揺さぶられるようなリアルな経験は、時に人を大きく成長させます。
そしてそれこそが、冒険教育プログラムの非常に大きな魅力であり力でもあります。
84 日間に渡るアウトワード・バウンドの冒険教育指導者育成プログラム「JALT」では、
そうした冒険教育プログラムの本質を体験し、
プログラムを安全かつ効果的に提供できる指導者を目指します。
具体的にはロッククライミング、沢登り、カヤック、登山遠征、救急法など、
ダイナミックな活動を提供するためのハードスキル、
人の気づきを促し成長をファシリテートしていくためのソフトスキル、
ただ安全を確保するためではなく、ねらいを持ったプログラムを提供する上でのリスクマネジメントなど、
様々な視点から知識・技術・経験を実践的に身につけていきます。
自分自身の可能性を広げるという意味でも、生涯にわたり活きる84日間となるはずです。

コース名  JALT (ジャルト・Japan Adventure Leadership Training)
日数 84日間
日程 2017年4月27日(木)~7月19日(水)
対象 18歳以上の健康な方
参加費 957,000円(消費税込)
*指導料、期間中の宿泊関連費、食材費(休養日の昼食を除く)、施設使用料、国内旅行保険料、コース中の移動交通費等が含まれています。
予定定員 10名
目的
①冒険教育指導者育成主なゴール①アウトワード・バウンドの冒険教育を体験し実感する。
②ハード系基礎技術習得(安全に効果的なプログラムを提供するための技術習得)
③ソフト系基礎技術習得(体験での気づきを成長につなげるための技術習得。冒険教育における効果的なアクティビティ・プログラムデザインについて学ぶ)
④指導者としての自己のあり方を明確にする。

プログラムの主な内容
・冒険教育プログラム(アウトワード・バウンドコース)の体験
・アウトワード・バウンド教育&野外・冒険・体験教育概論
・ソフトスキル(コミニュニケーションスキル)
・野外救急法(世界基準の救急資格認定/Wilderness Advanced First Aid)
・リスクマネジメント概論
・野外活動基礎技術
・コミニュニティーサービス(地域奉仕活動)
・ロッククライミング基礎技術
・沢登り基礎技術
・カヤック(流水を含む)&いかだ基礎技術
・登山基礎技術(無雪期の安全確保)
・ソフトスキル(アクティビティデザインとファシリテーションを学ぶ)
・総合エクスペディション(状況判断の視点、野外におけるリーダーの視点を学ぶ場)
・指導実習(小学生の参加者を公募してプログラムを実際に提供します)
・総合評価(指導実習の評価、JALT全体の自己評価)
*以上の内容を複数のセクションに分けて実施します。
*各セクションの合間には、プログラムを行わない「休養日」が約11日程度あります。

アウトワード・バウンド・スタッフへのインターンシップについて
JALT修了後から9月末までの約1ヶ月間、インターン希望者のうちOBJが認めたものは、インターンとして主催プログラム、受託プログラム、OBJ提携団体事業等にスタッフとして入ることができます。

持ち物について
防寒衣類、雨具(マウンテンジャケット上下)、登山靴、サングラス、水筒(ステンレス保温水筒)、ヘッドランプなどです。詳しくはコース開始2ヶ月前より送付する参加要項をご覧ください。
*コース中の活動で必要なほとんどの専門的な装備(テント・寝袋・調理用品、クライミング専門装備、沢登り専門装備、カヤック装備他)はOBJで用意します。

申込み方法 申し込みフォームよりお申し込み下さい。
申し込み後、JALT担当スタッフより直接ご連絡させていただきます。

申込締切 2017年4月13日
(これ以降に参加を希望される場合はOBJ長野校まで連絡ください)
*先着順での受付になります。定員が少ないためお早目にお申込み下さい。不安がある方は説明会にご参加いただくか、アウトワード・バウンド長野校まで遠慮なくご連絡ください。
*SKYPE等の通信手段を使って「説明会」を行うことも可能です。

今年度の本コースは終了しました。来年度の募集開始は11月を予定しています。ご希望の方は資料請求フォームからご連絡ください。

JALTob3t

toppage_2_960x300JALT2014supporteyecatch