ホーム » コース » 野外救急法(WAFA・WFR) » 【世界基準・野外救急法資格取得コース】 Wilderness Advanced First Aid (WAFA)

【世界基準・野外救急法資格取得コース】 Wilderness Advanced First Aid (WAFA)

Exif_JPEG_PICTURE

 

日本で救急法(ファーストエイド)と言えば都市部を想定した心肺蘇生法が一般的に知られており、講習会も様々な団体によって行われています。しかしながら現状では医療機関に引きつぐまで時間のかかる、野外環境下を想定した体系的な野外救急法が確立されていません。実際に野外にいる際には、心肺蘇生法を行うよりも様々なけがや病気に対処することが多く、その中でも緊急を要し素早く対処することや長時間にわたる適切なケアによって人命を救い、後遺症を防ぐことができるケースも少なくありません。しかしそういった医療知識を含めた勉強をすることができるのは、医療関係者に限定されています。

ウィルダネス・メディカル・アソシエーツ(WMA)が提供するウィルダネス・アドバンスド・ファーストエイドコース(WAFA)は野外環境下を想定し、最新の医学知識や根拠をもとに医療関係者と野外活動のプロフェッショナルによって体系化された30年以上もの歴史のある野外救急法です。野外先進国であるアメリカの最先端の野外救急法を学び、資格を取得できるものとなっております。

◆日程 2017年11月23日(祝・木)~11月26日(日)

◆対象 16歳以上(20歳未満の方は保護者の同意が必要)

◆スケジュール
【1日目】オリエンテーション、感染対策、傷病者評価システム、循環器、呼吸器系、CPR、AED、一次救命処置
【2日目】ケーススタディ、神経系、脊椎マネジメント、筋骨格系の怪我、脊椎損傷の疑いのある傷病者の移動、副木(スプリント固定)、実習(傷病者評価システム)
【3日目】ケーススタディ、体温調節、咬傷と刺傷、感電、落雷、溺れ、傷や火傷、アレルギーとアナフィラキシー、簡易搬送、実習(傷病者評価システム)
【4日目】ケース·スタディ、バックカントリー薬、医療、法的な問題、実習(傷病者評価システム)、シミュレーション(シナリオに基づいた総合実習)、最終試験

◆開催地 OBJ長野校周辺(長野県小谷村)

◆集合 JR大糸線 平岩駅(新潟県糸魚川) 8:10 講習スタートは9:00
※長野校にて前泊(素泊まり)が可能です。

◆解散 JR大糸線 平岩駅(新潟県糸魚川) 17:00 講習終了は16:30予定

◆定員 20名(最少催行人員5名)

◆参加費 67,500円(税込)
リフレッシュ参加(資格更新なし)の方は 30,000円(税込)
※参加費にはコース中の食費、宿泊費、装備費、指導料、保険料を含みます。

◆持ち物
衣類、雨具、靴、水筒、ヘッドランプなどが必要となります。その他専門的な装備は当協会で用意します。
詳しくはコース開始1ヶ月前より送付する参加要項をご覧ください。

 

◆申込み方法 お申込みフォームから必要事項を入力の上送信してください。

【ご参考】 過去に実施のコース報告(Facebookページへリンク)はこちら・・・

P1020333P1020336P1020357P1020368P1020360